御祭神
● 村松大神宮御祭神

大神宮本殿(神明造)

大神宮は伊勢神宮より直接「御分霊」を賜り奉祀するお宮です。ですから、伊勢神宮の「内宮」と同じ「天照皇大神」「天手力男神」「萬幡豊秋津姫神」の三柱の神様を御祭神としています。ではまず大神宮の神様をご紹介しましょう。


天照皇大神(アマテラスオオミカミ)

皇室の祖先神であるとされている最も尊い神様です。太陽の象徴とも言われています。国生、神生をされた「伊邪奈岐神(イザナギノカミ)」が禊(みそぎ)をされたときに、左の目を洗われた時にお生まれになった神様と「古事記」に記されています。高天の原(神様の国)を治める神様で。伊勢神宮の内宮に祭られております。

名称

天手力男命(アマノタヂカラオノミコト)

天照皇大神が「天の岩戸」に隠られた際、戸を開き大神の手を執ってお出しした神様です。天照皇大神の復活に功のあった神様です。また、邇邇芸命(ニニギノミコト)の天孫降臨の際にお供をした神様としても有名です。


萬幡豊秋津姫命(ヨロズハタトヨアキツヒメノミコト)

高天の原をおつくりになった、「高御産巣日神(タカムスヒノカミ)」の子で、天照皇大神の孫にあたる邇邇芸命(ニニギノミコト)の母にあたる神様。天照皇大神の前に侍し、天照皇大神をお助けし、神々が私意にかられて汚き心を抱く事なく諭す神様です。現在、天手力男命同様伊勢神宮の相殿神として祭られています。


別天津神(ことあまつかみ)(抜粋)

天之御中主神──高御産巣日神─┐
┌──────────────┘
└┬─
神産巣日神──宇摩志阿斯訶備比古遅神──天之常立
  ├─
萬幡豊秋津姫命神
  └─天思兼命──
天手力男命神

【造化三神】
天之御中主神         天地・万物の中心の神
高御産巣日神         天地の生成を司る神
神産巣日神           万物の生成を司る神

【その他の別天津神】
宇摩志阿斯訶備比古遅神 生命の根源を司る神
天之常立神          高天原を恒久に守る神


天津神(あまつかみ)(抜粋)

天照皇大神──天忍穂耳尊
             ├─
邇邇芸命(ニニギノミコト)
           
萬幡豊秋津姫命神

【天孫降臨】
邇邇芸命
八尺瓊勾玉・八咫鏡・草薙剣の三種の神器を携え、天手力男命ら神々と共に地上に降り、統治する。神武天皇の曽祖父。



● 神明造

平入り切妻直線構造





平入りとは屋根の平らな側に入り口があること。




切妻は屋根が頂から地面に向かって直線の屋根。
屋根の流れに沿って天に向かって延びている板が千木
(屋根の両端に交差するように伸びた木)
千木の頂点の切り口が水平なものは女神(内宮)、
垂直なものは男神(外宮)を表している

両端の千木の間の棟には鰹節のような円木が置いてあり、
萱葺き屋根の重しの役割を果たしている。。
村松大神宮にはこの鰹木が十本あるのが特徴。