大神宮便り

● 社務所より


Back Number
社務所便りvol.1 社務所便りvol.2 社務所便りvol.3
社務所便りvol.4 社務所便りvol.5 社務所便りvol.6
社務所便りvol.7 社務所便りvol.8 社務所便りvol.9
社務所便りvol.10 社務所便りvol.11 社務所便りvol.12
社務所便りvol.13
社務所便りvol.14
社務所便りvol.15
社務所便りvol.16
社務所便りvol.17
社務所便りvol.18
社務所便りvol.19
社務所便りvol.20
社務所便りvol.21
社務所便りvol.22
  社務所便りvol.23
   


社務所便り vol.24

 平成29年1月13日(金)晴天の中、
千葉の地より関東型お神輿が修理を終わり、
約2年数ヶ月ぶりに戻ってきました。
 
鳳凰の前には黒塗りに黄金色の「大神宮」の文字が光ります。
本体の質朴の黒と黄金色の菊(社紋)のご紋章が鈍く輝きます。 
 
日本の伝統美を再認識する貴重な瞬間です。
 
  お祓いを済ませて神輿庫に戻します。
 
千葉刑務所作業部門の職員と丁寧に移動します。
一の宮会並びに環境保全事業(株)の皆様ありがとうございました。
 
「漆」は、国産品を使用しています。
下地を整え、何回も何回も、乾燥と塗りを重ねます。
・・・又、乾燥させ更に上塗りを重ねます。
 
 
先の震災で被害を受けた二の鳥居をくぐり、拝殿前に向かいます。
 
 
 
参道の途中で小休止です。
修繕前より重く感じるそうです。
本体の木組みを強化しました。
 
 
 
 一気に仮設階段を持ち上げます。

期待以上の出来映えです。

神輿会の幹部も
「近郊では見られない程、いいお神輿だ!」
と、喜んでおります。

本当にありがとうございました。

他の一基(関西型)の、お神輿は2月に戻ってきます。
お神輿庫のガラス扉にUV加工のシールを張り、紫外線対策を行います。
 
 千葉刑務所作業部門の職員の方々並びに
現場作業に携わった作業者の皆様方に
篤く感謝申し上げます。

ありがとうございます。


 大神宮宮司  荒木田 泰宗
 

Back Number
社務所便りvol.1 社務所便りvol.2 社務所便りvol.3
社務所便りvol.4 社務所便りvol.5 社務所便りvol.6
社務所便りvol.7 社務所便りvol.8 社務所便りvol.9
社務所便りvol.10 社務所便りvol.11 社務所便りvol.12
社務所便りvol.13
社務所便りvol.14
社務所便りvol.15
社務所便りvol.16
社務所便りvol.17
社務所便りvol.18
社務所便りvol.19
社務所便りvol.20
社務所便りvol.21
社務所便りvol.22
  社務所便りvol.23
   



● ご連絡先

〒319-1112
茨城県那珂郡東海村村松一番地

宗教法人 大神宮

TEL   029-283-1414 (代)
FAX   029-282-0103
e-mail :info@daijingu.jp