大神宮便り

● 社務所より


新年明けましておめでとうございます

このたび遅ればせながら「大神宮ホームページ」を開設いたしました。より多くの方に遊びに来ていただけるよう、ない知恵を絞りましたが、現時点ではこれで精一杯でした。皆様の忌憚のないご意見をいただければ幸いです。
さて、時は新年。新年といえば初詣。初詣といえば神社。妙な三段論法ですが、神社界に身を置く神主としてはどうしてもこうなります(笑)。
正月の神社は殺人的な忙しさです。いつ起きていつ寝るのか良くわかりません。食事もいつとったのかわからない状態です。
しかし、この状態がたまらなく心地よく、それ以上に未だにこれほど多くの方々が神社へ足を向けてくださることに、喜びと感謝の気持ちで一杯になります。
私事ですが、我が家では年越しの挨拶を「大晦日」にできないため、毎年十二月三十日の夜にすることになっています。神棚をきれいにし、家族そろって拝礼をして食卓につき、家族同士で年越しの挨拶をして御神酒をいただきます。子供たちにすれば楽しい正月ではないでしょうが、そこは神主の子。あきらめに近い理解をしてもらっています。
年が明けると私は前述の通り多忙になりますが、家族とは毎年一月二日の夜に新年の挨拶をすることにしています。
大体神主の家庭ではこのような感じではないでしょうか。一般の方からするとつまらない感じがするでしょうが、帰省ラッシュにも巻き込まれず、出費も少なく(?)済みますので慣れてしまえば良いことだと感じられます。

自分の置かれた環境を、悲観せずに前向きに受け止める。「プラス思考」と言いますが、当にその通りだと考えています。今年私は、世間で言うところの「苦境」を体験しました。しかし、その環境を私は楽しむことにしました。その環境はいまだに続いていますが、今年の年賀状は「笑門来福」がテーマです。家族全員の笑顔を印刷しました。私の環境を知る人は苦笑いをするかもしれませんが、家族の元気な笑顔を見て安心して欲しいと思い、このテーマに決めました。
皆さんも、今年一年どんなことがあっても「笑顔」で過ごしてみてはいかがでしょう?
平成十五年が皆様にとりまして、笑顔で過ごせる良い年となることを御祈念いたしております。



Back Number
社務所便りvol.1 社務所便りvol.2 社務所便りvol.3
社務所便りvol.4 社務所便りvol.5 社務所便りvol.6
社務所便りvol.7 社務所便りvol.8 社務所便りvol.9
社務所便りvol.10 社務所便りvol.11 社務所便りvol.12
社務所便りvol.13




● ご連絡先

〒319-1112
茨城県那珂郡東海村村松一番地

宗教法人 大神宮

TEL   029-283-1414 (代)
FAX   029-282-0103
e-mail :