大神宮便り

● 社務所より


社務所便り vol.9

1月26日。
日本原子力発電東海第二発電所の「第20回定期検査安全祈願祭」が執り行われました。

所長以下600名の定検関係者が参列のもと、神事が厳かに執り行われ、定検が開始されました。
この定期検査は、毎年行われています。

例えれば、自家用車の車検を、毎年行っているような感じか・・・?
20回であれば、20年以上安全の歴史があるわけです。
因みに、英国から技術導入した第一発電所は、すでに営業運転を終了し、解体中です。
日本(アジア)の原子力発電の歴史は、ここから始まります。

ここで若き日を過ごした多くの電力マンが、各電力会社の役員や安全担当責任者と成って活躍しております。(東京選出の与謝野 馨 衆議院議員も、若き日ここで過ごしています。)

今日では多くの人材と技術等が、他の原子力発電所を始め、原子力施設で生かされております。

東海発電所には、PR館が設置されております。
是非、見学に来て見てはどうでしょうか?
※添付写真は、第一発電所のタービン運転開始の安全祈願祭の写真です。
  英国の技術者が参列し、神妙に玉ぐしを奉奠したそうです。
日本最初の原子力発電操業開始 大神宮宮司荒木田泰光斎主執行

節分祭が2月3日の佳き日に、三百以上の参加者(社)を以って、執り行われました。例年この時期は、もっとも寒い頃にあたりますが、多くの人々で社頭は賑わいました。

それぞれが紙袋に入りきれない程の商品を手にし、家路についたようです。
来年の節分祭には、何か新たな趣向をと考慮中です。

現在、塩竃神社参拝と伊勢神宮参拝の旅行について、それぞれ参加者を募っております。
詳細は、社務所までお問い合わせください。



Back Number
社務所便りvol.1 社務所便りvol.2 社務所便りvol.3
社務所便りvol.4 社務所便りvol.5 社務所便りvol.6
社務所便りvol.7 社務所便りvol.8 社務所便りvol.9
社務所便りvol.10 社務所便りvol.11 社務所便りvol.12
社務所便りvol.13



● ご連絡先

〒319-1112
茨城県那珂郡東海村村松一番地

宗教法人 大神宮

TEL   029-283-1414 (代)
FAX   029-282-0103
e-mail :info@daijingu.jp